読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てたら貧乏父さん

「金持ち父さん貧乏父さん」の貧乏父さんが、おウチをゲットするまでのブログ。PC版推奨♪



道路のお話

お疲れ様です、貧乏父さんです。ただいま、土地を物色しています。実は貧乏父さん、宅地建物取引主任者の資格をもっておりまして、主任者登録もしています。


とはいえ、お仕事で使うことはきっとないと思いますが。


少しは勉強していたつもりでおりましたが、まだまだ知識不足だと痛感しております。というのも、貧乏父さんの許容範囲となりそうな予算の土地は市街化調整区域内だったり、接道が私道だったり、または位置指定道路だったりとややこしそうなものが多いことによります。宅建の基本書として使ったテキストの語呂合わせで


市街化区域に住みたいな
それ以外ならゴメンだよ
もっと外ならとんでもない


というものがありましたが、まさにヒシヒシと感じております。不動産屋に掘り出しものなしとは良くいったものです。


土地に関して言えば、相場らしきものはあれど値付けは結構、売主の希望で出てきている感じ。まぁ、はっきり言ってお高いです。


貧乏父さんはいま土地を探しているエリアに親戚もいませんし、じぶんの居住年数も短いです。つまり、都市計画法第34条12号の指定がかかっている土地には家を建てられません。結構、お安くでているものはほぼコレです。

狙いは主に11号となりますが、これはこれで難しい。私道にしか接していないのにその私道の持ち分がないとか、後で揉めるのがわかるようなものが多いです。

ハウスメーカーさんは土地情報流してくれますが、基本、不動産屋さんではないのでこのあたりの知識に不安あり。


多少、土地面積が小さくても道路幅4m以上の公道と接しているところが良いなと思いました。










貧乏父さん、頑張ります。