家を建てたら貧乏父さん

「金持ち父さん貧乏父さん」の貧乏父さんが、おウチをゲットするまでのブログ。PC版推奨♪



ヘーベルハウスの建築現場を見た感想

こんばんは、貧乏父さんです。

 

職場近くの建築現場。建てているのはヘーベルハウスです。あっという間に鉄骨も組み上がって外壁に取りかかっている様子。鉄骨組んだ後は出来上がりまで早そうです。建坪も広そうなその家は敷地ほぼいっぱいに使ってるので二世帯住宅かなと勝手に予想。しかし、かなり鉄骨入れてます。さすが重鉄骨のおうちです。鉄骨の高さからみて三階建てと思われます。

 

f:id:neofightman:20170615204132j:image

 

都心の家なのでヘーベルハウスはニーズにあうのかも知れません。見たところ屋上もありそうです。もしかしたらエレベーターとかも入れるのかな。歳をとって3階まで階段であがるのはキツそうですから。

 

 

屋上は憧れるアイテムのひとつですが、雨漏り防止のコーキングを定期的にしなくてはなりません。防水処理は10年ごとに定期的にやるとか、値段は300万円ずつかかるとか。貧乏父さんからしたら結構な散財。

 

どんな素敵なおうちが登場するのか、職場の同僚たちもさり気なくチェックしていたりします。

 

ヘーベルハウスの完成まで定期的にレポートしたいと思います。

 

 

貧乏父さん、頑張ります!

 

住友林業の家が坪46万円で建つわけがない話

こんばんは、貧乏父さんです。

今日の小ネタは住友林業の家が坪46万円で建つわけがないというお話。

 

f:id:neofightman:20170531085924j:image

 

ネットで情報を散々漁っていた時に見つけたのが、基本の無垢材の床を合板フローリングにマイナス変更など、できるだけ安くするようにマイナス変更をかけた事務所が坪55万円で仕上がったという話。

 

きこりん改めしょぼりん  なんて呼ばれるようです。ぜーんぶマイナス変更しても坪55万円ですから、やはり住友林業のお家はお高い。

 

 

基本、お金がないなら検討に入れてはいけません。総二階建ての家が安くなるって住友林業に至っては体感できませんでしたね。フェアーでプラスオプション無料とか床暖房無料とか良いお話テンコ盛りにはなるけど、結局、家って手間賃の塊なんですよ。支払い額を下げるのはココでは無理です。

 

ただ、お金を掛けただけのものがあるかといえば、床材や木の家というイメージに価値を見出す人にはあると思います。

 

木の家が地震に強いわけないでしょ。木の家の中では強い部類ってだけで。災害に強いハウスメーカーならヘーベルハウスにしておきなさいって。維持費がこれまたお高いけど、住友林業もそんなに変わりません。

 

住友林業は、営業氏の上の胡散臭い部長が田んぼは地盤が安定しているとかってとんでも説をぶっ込んできたところから個人的にイメージ悪くなってますね。みんながそんなに悪い人ではないのだろうけど。。。

 

 

貧乏父さん、頑張ります。